高次脳機能障害は行政と無関係ではありません。家族が高次脳機能障害になった場合、以下の点で行政手続きをすることが大事です。なぜなら、こちら側から申請するのが原則だからです。
(1)介護保険サービスの申請
(2)障害福祉サービスの申請
(3)失業手当の給付申請
(4)高額医療費の申請
(5)障害年金の申請
(6)労災の申請

(以下続く)