障害年金の計算

【障害基礎年金】
1級
780,900円 × 1.25(976,125) + 子の加算額

2級
780,900円 + 子の加算額

(注1)780,900円は2022年の老齢基礎年金満額です。この額は毎年見直されます
(注2)第1子・第2子はそれぞれ224,700円、第3子以降それぞれ74,900円、加算されます

【障害厚生年金】
1級
報酬比例の年金額 × 1.25 + 配偶者加給年金額(224,700円)

2級
報酬比例の年金額 + 配偶者加給年金額 (224,700円)

3級
報酬比例の年金額(最低保障 585,700円)

(注)同一生計の配偶者が65歳になるまでの間、配偶者加給年金額が加算されます

【障害手当金】 
報酬比例部分の年金額 ×2(最低保障 1,171,400円)

(注)軽い程度の障害が残り、かつ5年以内に治った場合、障害手当金(一時金)を受け取ることができます

国民年金の免除

 障害基礎年金や障害厚生年金などで1級、2級の受給権者は、国民年金の保険料の支払いが免除されます。ただし、免除されるためには届け出が必要です。